未分類一覧

映画『ズーランダー』作品情報、あらすじ

あらすじ

男性ファッションモデル界のトップスター、デレク・ズーランダー

彼はキメ顔「ブルー・スティール」を武器に、長い間男性モデルの第一人者として君臨

デレクはついに、モデル・オブ・ザ・イヤーでライバルのハンセルに敗れてしまう。

スターバックスにオレンジ・モカ・フラペチーノを飲みに行くが、帰り道にガソリンスタンドでの爆発事故で友人たちを亡くし

ムガトゥが新しいコレクションにデレクを使いたいと言い始める。

ムガトゥはデレクに最高の暗殺者としての資質を見出したのだった。

ムガトゥは、縫製工場での児童労働禁止を訴えてファッション業界に打撃を与えようとしているマレーシアの首相を暗殺するべく、デレクにトレーニングを施すふりをして催眠術

デレクは引退を発表して数日で新たなショーへの出演が決定し、ムガトゥによってその席でマレーシア首相を殺すように刷り込まれる。

『タイム』誌の記者であるマチルダは、正体を隠して接触してきた手タレ・プルウィットから、ムガトゥについて調べるよう伝えられる。

マチルダはデレクの身に危険が迫っていると察し、彼をかくまってもらおうとハンセルの家を訪ねる。

デレクの所属事務所社長・モーリーのパソコンに証拠が残されていると考える。

デレクとハンセルは変装してモーリーのオフィスに忍び込む

会場に駆けつけたハンセルがDJと格闘し、何とか音楽を止めるが、一方で証拠の入ったモーリーのパソコンを破壊してしまう[注 3]。

デレクが使い物にならないと悟ったムガトゥは、証拠が消えたことを盾に、自ら手裏剣で首相を殺そうとする。

その瞬間、デレクの新しい決め顔「マグナム」が決まり、この力で手裏剣をはじき返す。また会場のモーリーが、データにはバックアップがあると宣言し、ムガトゥらは御用となる。

ラストシーンでは、デレクがマチルダと結婚して息子を儲けたことと、モデル学校を設立し、ハンセル・モーリー・プルウィットらとモデル育成に勤しんでいることが明かされる。

ズーランダー NO.2

登場人物

デレク・ズーランダー – ベン・スティラー

マチルダ・ジェフリーズ – クリスティン・テイラー

ハンセル – オーウェン・ウィルソン

ジャコビ・ムガトゥ – ウィル・フェレル

カティンカ – ミラ・ジョヴォヴィッチ

モーリー・ボールスタイン社長 – ジェリー・スティラー

J・P・プルウィット – デイヴィッド・ドゥカヴニー

ラリー・ズーランダー – ジョン・ヴォイト

ルーク・ズーランダー – ヴィンス・ヴォーン

スクラッピー・ズーランダー – ジュダ・フリードランダー

トッド – ネイサン・リー・グレアム

オルガ – アンディ・ディック

ルーファス – アシオ・ハイスミス

ミーカス – アレクサンダー・スカースガード

ハッサン首相 – ウッドロー・W・アサイ(

モーリス – ジャバズ・リチャードソン

DJ – ジャスティン・セロー

反対運動家

女性リポーター

作品情報

タイトル:ズーランダー

原題:ZOOLANDER

製作年度:2001年

上映時間:89分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、サスペンス

監督:ベン・スティラー

製作総指揮:ジョエル・ガレン、アダム・シュローダー、ローレン・ザラズニック

脚本:ドレイク・セイザー、ベン・スティラー、ジョン・ハンバーグ

音楽:デヴィッド・アーノルド