映画一覧

映画『スポットライト』あらすじ、感想

あらすじ

マサチューセッツ州ボストンの日刊紙『ボストン・グローブ』はマーティ・バロンを新編集長として迎える。

バロンは「スポットライト」のウォルター・ロビンソンと会いゲーガン神父の子供への性的虐待事件をチームで調査し記事にする

マサチューセッツ州でカトリック教会が性的虐待事件を隠蔽するパターンに気づく。

虐待の被害者のネットワークに接触したのち、チームは13人の神父に調査対象を広げる。

統計的には90人程度の神父が性的虐待を行っているはずだと言う指摘87人のリストを得る

枢機卿が虐待事件を知りながら無視したという公的な証拠の存在をつかみ。

ロビンソンはカトリック教会の組織的な犯罪行為を徹底的に暴くために記事の公開を遅らせる。

チームは裁判に勝ち、2002年に記事を公開し始める。

記事公開の直前、ロビンソンは、1993年に性的虐待を行った20人の神父のリストを受け取りながら調査をしなかったことを告白する。

バロンはチームが犯罪を暴いたことを称賛する。

合衆国および世界中で聖職者による性的虐待のスキャンダルが明るみに出る。

隠蔽行為を行った枢機卿は辞任するが、ローマの大教会に栄転する。

登場人物

マイク・レゼンデス – マーク・ラファロ

ウォルター・”ロビー”・ロビンソン – マイケル・キートン

サーシャ・ファイファー – レイチェル・マクアダムス

マーティ・バロン – リーヴ・シュレイバー

ベン・ブラッドリー・ジュニア – ジョン・スラッテリー

マット・キャロル – ブライアン・ダーシー・ジェームズ

ミッチェル・ガラベディアン – スタンリー・トゥッチ

スティーヴ・カークジャン – ジーン・アモローソ

ジム・サリヴァン – ジェイミー・シェリダン

エリック・マクリーシュ – ビリー・クラダップ

アイリーン・マクナマラ – モーリーン・キーラー

リチャード・サイプ – リチャード・ジェンキンス

ピート・コンリー – ポール・ギルフォイル

バーナード・ロウ枢機卿) – レン・キャリオー

フィル・サヴィアノ – ニール・ハフ

ジョー・クロウリー – マイケル・シリル・クレイトン

コンスタンス・スウィーニー判事 – ローリー・ハイネマン

ビル・カメザ理事長 – ティム・プロゴシュ

ピーター・カネロス – ダグ・マーレイ

作品情報

タイトル:スポットライト 世紀のスクープ

原題:SPOTLIGHT

製作年度:2015年

上映時間:128分

製作国:アメリカ

ジャンル:ドラマ

監督:トム・マッカーシー

製作総指揮:ジェフ・スコール、ジョナサン・キング、ピエール・オミディアー、マイケル・ベダーマン、バード・ドロス、ジョシュ・シンガー、トム・オーテンバーグ、ピーター・ローソン、ザヴィエル・マーチャンド

脚本:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー

音楽:ハワード・ショア


映画『恋する40days』作品情報、あらすじ

あらすじ

主人公の青年は恋人にふられたのをきっかけに、40日間の禁欲生活を始める。悪友たちは面白がって、茶化したり賭けの対象にしたりする。主人公は、サイバーコップ(悪質サイトをブロックする仕事)で働く女性とコインランドリーで知り合い、バスでデートしたりする。さて、主人公は無事に40日目を過ごすことができるのか。

40 Days and 40 Nights (2002) Trailer

登場人物

マット・サリヴァン/演:ジョシュ・ハートネット

エリカ・サットン/演:シャニン・ソサモン

ライアン/演:パウロ・コスタンゾ

サム/演:マギー・ジレンホール

ニコル/演:ヴィネッサ・ショウ

ジョン・サリヴァン/演:アダム・トレーズ

ジェリー・アンダーソン/演:グリフィン・ダン

マンディ/演:キーガン・コナー・トレイシー

スージー/演:エマニュエル・ヴォージア

キャンディ/演:モネ・メイザー

アンディ/演:クリスティン・シャトラン

マー神父/演:スタンリー・アンダーソン

ダイアナ/演:ローリン・ヒース

クリス/演:グレン・フィッツジェラルド

ダンカン/演:ジャレッド・ポール

ニール/演:テリー・チェン

ニック/演:カイ・レノックス

マイキー/演:クリス・ゴーシャー

ウォルター・サリヴァン/演:バリー・ニューマン

ベヴ・サリヴァン/演:メアリー・グロス

デヴィット・ブロコウ/演:ディラン・ニール

 

作品情報

タイトル:恋する40days

原題:40 DAYS AND 40 NIGHTS

製作年度:2002年

上映時間:93分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、青春、ロマンス

監督:マイケル・レーマン

製作総指揮:ライザ・チェイシン、デブラ・ヘイワード

脚本:ロブ・ペレス

音楽:ロルフ・ケント


映画『ホーム・アローン4』作品情報、あらすじ

あらすじ

ケビンの両親は離婚しており、これまでと違い父親のいないクリスマスを送ることになる。

ピーターは再婚を決めた新しい恋人のナタリーと共に彼女の豪邸に暮らしており、その家にはリモコンで音声操作できる家具や大画面テレビ、巨大浴室などの豪華設備が勢揃い。

執事のプレスコットは彼を冷たくあしらう。

ピーターとナタリーが外出中に2人組の強盗が家を訪れる

ケビンは彼らを捕まえようと浴室へおびき寄せるが、

プレスコットに内線電話で助けを求めるが、応答はなく、その間に2人組は逃げて行く。

家を荒らしたことでケビンはピーターとナタリーに咎められるが、無実を証明すべくプレスコットが管理している監視カメラの映像を確認すると、強盗が写っている部分だけ映像が途切れている。

更に、強盗は音声操作用のリモコンを持って部屋のドアを操作していたため、彼が共犯ではないかと踏む。

その日の晩、ケイトはナタリーに会いにやってくるが、打ち解けるには至らない。

遂にパーティーの日となる。ところがロイヤルファミリーは大雪で来られなくなり、何としても普段とは違う特別なパーティーにしたいと考えたケイトは、そこで再婚を発表することにする。

朝からパーティーの準備が進む中、ケビンはプレスコットが準備の職員としてマーブとベラを家に入れるのを見つける。

ケビンはプレスコットを冷凍庫に閉じ込め、再び彼らを捕まえようとするが、パーティーを滅茶苦茶にしてしまい、とうとうナタリーの逆鱗に触れる。

ピーターとナタリーは、家をメチャクチャにするのはピーターをマカリスター家に戻すためと考え、ケビンを強く咎める。

納得がいかないケビンは、翌日に向け、家のハイテク設備を活かして強盗を捕まえる仕掛けを造る。

ピーターとナタリーが一日遅れで到着するロイヤルファミリーを空港へ迎えに行く間、2人組が王子を誘拐

ケビンは2人組が家に入る前にプレスコットをワインセラーに閉じ込めることに成功。

、真の共犯者はモリーであること、そして彼女はマーブの母親であることが明かされ、プレスコットは全く関係ないことが判明する。

モリーによってプレスコットと同じ場所に閉じ込められたケビンが彼と話をする

ケビンはプレスコットの携帯電話で家に電話をかけるが、地下で電波が悪く、内容が伝わらない。

「ピーターの携帯電話からかけたのではないか」と返される。

ケビンの身を案じたピーターはナタリーを空港に残して引き返し、ケイトも子供を連れてナタリーの家へ向かう。

ケビンは意気投合したプレスコットの手を借りて食品用リフトでワインセラーから脱出し、仕掛けを次々と発動させる。

エレベーターのかごをモーターにくくりつけてモリーを閉じ込め、録音装置やリフト、音声操作の家具を使ってマーブとベラを翻弄する。

、ケイト、ケビンの兄と姉、そしてピーターが到着する。

2人は最後にケビンの兄と姉によって逃げ場を失い、後を追って脱出したプレスコットが呼んだ警察に逮捕

吹替の帝王 第10弾『ホーム・アローン<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX〔初回生産限定〕』2015.11.25発売!

登場人物

ケビン・マカリスター:マイケル・ワインバーグ

マーブ・マーチャント:フレンチ・スチュワート

ベラ(マーブの仲間):ミッシー・パイル

ピーター・マカリスター:ジェイソン・ベギー

ケイト・マカリスター:クレア・ケアリー

バズ・マカリスター:ギデオン・ジェイコブズ

ミーガン・マカリスター:チェルシー・ルッソ

プレスコット:エリック・アヴァリ

モリー:バーバラ・バブコック

王:アンドレ・ルースマン

王妃:リサ・キング

王子:クレイグ・ゲルデンハイス

作品情報

タイトル:ホーム・アローン4

原題:HOME ALONE 4

製作年度:2002年

上映時間:84分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ファミリー

監督:ロッド・ダニエル

製作総指揮:リサ・デンバーグ、デヴィッド・マッデン

脚本:デブラ・フランク、スティーヴ・L・ヘイズ