映画『恋する40days』作品情報、あらすじ

あらすじ

主人公の青年は恋人にふられたのをきっかけに、40日間の禁欲生活を始める。悪友たちは面白がって、茶化したり賭けの対象にしたりする。主人公は、サイバーコップ(悪質サイトをブロックする仕事)で働く女性とコインランドリーで知り合い、バスでデートしたりする。さて、主人公は無事に40日目を過ごすことができるのか。

【みだらな青ちゃんは勉強ができない】2話:参考サイト

登場人物

マット・サリヴァン/演:ジョシュ・ハートネット

エリカ・サットン/演:シャニン・ソサモン

ライアン/演:パウロ・コスタンゾ

サム/演:マギー・ジレンホール

ニコル/演:ヴィネッサ・ショウ

ジョン・サリヴァン/演:アダム・トレーズ

ジェリー・アンダーソン/演:グリフィン・ダン

マンディ/演:キーガン・コナー・トレイシー

スージー/演:エマニュエル・ヴォージア

キャンディ/演:モネ・メイザー

アンディ/演:クリスティン・シャトラン

マー神父/演:スタンリー・アンダーソン

ダイアナ/演:ローリン・ヒース

クリス/演:グレン・フィッツジェラルド

ダンカン/演:ジャレッド・ポール

ニール/演:テリー・チェン

ニック/演:カイ・レノックス

マイキー/演:クリス・ゴーシャー

ウォルター・サリヴァン/演:バリー・ニューマン

ベヴ・サリヴァン/演:メアリー・グロス

デヴィット・ブロコウ/演:ディラン・ニール

 

作品情報

タイトル:恋する40days

原題:40 DAYS AND 40 NIGHTS

製作年度:2002年

上映時間:93分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、青春、ロマンス

監督:マイケル・レーマン

製作総指揮:ライザ・チェイシン、デブラ・ヘイワード

脚本:ロブ・ペレス

音楽:ロルフ・ケント


映画『ホーム・アローン4』作品情報、あらすじ

あらすじ

ケビンの両親は離婚しており、これまでと違い父親のいないクリスマスを送ることになる。

ピーターは再婚を決めた新しい恋人のナタリーと共に彼女の豪邸に暮らしており、その家にはリモコンで音声操作できる家具や大画面テレビ、巨大浴室などの豪華設備が勢揃い。

執事のプレスコットは彼を冷たくあしらう。

ピーターとナタリーが外出中に2人組の強盗が家を訪れる

ケビンは彼らを捕まえようと浴室へおびき寄せるが、

プレスコットに内線電話で助けを求めるが、応答はなく、その間に2人組は逃げて行く。

家を荒らしたことでケビンはピーターとナタリーに咎められるが、無実を証明すべくプレスコットが管理している監視カメラの映像を確認すると、強盗が写っている部分だけ映像が途切れている。

更に、強盗は音声操作用のリモコンを持って部屋のドアを操作していたため、彼が共犯ではないかと踏む。

その日の晩、ケイトはナタリーに会いにやってくるが、打ち解けるには至らない。

遂にパーティーの日となる。ところがロイヤルファミリーは大雪で来られなくなり、何としても普段とは違う特別なパーティーにしたいと考えたケイトは、そこで再婚を発表することにする。

朝からパーティーの準備が進む中、ケビンはプレスコットが準備の職員としてマーブとベラを家に入れるのを見つける。

ケビンはプレスコットを冷凍庫に閉じ込め、再び彼らを捕まえようとするが、パーティーを滅茶苦茶にしてしまい、とうとうナタリーの逆鱗に触れる。

ピーターとナタリーは、家をメチャクチャにするのはピーターをマカリスター家に戻すためと考え、ケビンを強く咎める。

納得がいかないケビンは、翌日に向け、家のハイテク設備を活かして強盗を捕まえる仕掛けを造る。

ピーターとナタリーが一日遅れで到着するロイヤルファミリーを空港へ迎えに行く間、2人組が王子を誘拐

ケビンは2人組が家に入る前にプレスコットをワインセラーに閉じ込めることに成功。

、真の共犯者はモリーであること、そして彼女はマーブの母親であることが明かされ、プレスコットは全く関係ないことが判明する。

モリーによってプレスコットと同じ場所に閉じ込められたケビンが彼と話をする

ケビンはプレスコットの携帯電話で家に電話をかけるが、地下で電波が悪く、内容が伝わらない。

「ピーターの携帯電話からかけたのではないか」と返される。

ケビンの身を案じたピーターはナタリーを空港に残して引き返し、ケイトも子供を連れてナタリーの家へ向かう。

ケビンは意気投合したプレスコットの手を借りて食品用リフトでワインセラーから脱出し、仕掛けを次々と発動させる。

エレベーターのかごをモーターにくくりつけてモリーを閉じ込め、録音装置やリフト、音声操作の家具を使ってマーブとベラを翻弄する。

、ケイト、ケビンの兄と姉、そしてピーターが到着する。

2人は最後にケビンの兄と姉によって逃げ場を失い、後を追って脱出したプレスコットが呼んだ警察に逮捕

 

登場人物

ケビン・マカリスター:マイケル・ワインバーグ

マーブ・マーチャント:フレンチ・スチュワート

ベラ(マーブの仲間):ミッシー・パイル

ピーター・マカリスター:ジェイソン・ベギー

ケイト・マカリスター:クレア・ケアリー

バズ・マカリスター:ギデオン・ジェイコブズ

ミーガン・マカリスター:チェルシー・ルッソ

プレスコット:エリック・アヴァリ

モリー:バーバラ・バブコック

王:アンドレ・ルースマン

王妃:リサ・キング

王子:クレイグ・ゲルデンハイス

 

作品情報

タイトル:ホーム・アローン4

原題:HOME ALONE 4

製作年度:2002年

上映時間:84分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ファミリー

監督:ロッド・ダニエル

製作総指揮:リサ・デンバーグ、デヴィッド・マッデン

脚本:デブラ・フランク、スティーヴ・L・ヘイズ


映画『ズーランダー』作品情報、あらすじ

あらすじ

男性ファッションモデル界のトップスター、デレク・ズーランダー

彼はキメ顔「ブルー・スティール」を武器に、長い間男性モデルの第一人者として君臨

デレクはついに、モデル・オブ・ザ・イヤーでライバルのハンセルに敗れてしまう。

スターバックスにオレンジ・モカ・フラペチーノを飲みに行くが、帰り道にガソリンスタンドでの爆発事故で友人たちを亡くし

ムガトゥが新しいコレクションにデレクを使いたいと言い始める。

ムガトゥはデレクに最高の暗殺者としての資質を見出したのだった。

ムガトゥは、縫製工場での児童労働禁止を訴えてファッション業界に打撃を与えようとしているマレーシアの首相を暗殺するべく、デレクにトレーニングを施すふりをして催眠術

デレクは引退を発表して数日で新たなショーへの出演が決定し、ムガトゥによってその席でマレーシア首相を殺すように刷り込まれる。

『タイム』誌の記者であるマチルダは、正体を隠して接触してきた手タレ・プルウィットから、ムガトゥについて調べるよう伝えられる。

マチルダはデレクの身に危険が迫っていると察し、彼をかくまってもらおうとハンセルの家を訪ねる。

デレクの所属事務所社長・モーリーのパソコンに証拠が残されていると考える。

デレクとハンセルは変装してモーリーのオフィスに忍び込む

会場に駆けつけたハンセルがDJと格闘し、何とか音楽を止めるが、一方で証拠の入ったモーリーのパソコンを破壊してしまう[注 3]。

デレクが使い物にならないと悟ったムガトゥは、証拠が消えたことを盾に、自ら手裏剣で首相を殺そうとする。

その瞬間、デレクの新しい決め顔「マグナム」が決まり、この力で手裏剣をはじき返す。また会場のモーリーが、データにはバックアップがあると宣言し、ムガトゥらは御用となる。

ラストシーンでは、デレクがマチルダと結婚して息子を儲けたことと、モデル学校を設立し、ハンセル・モーリー・プルウィットらとモデル育成に勤しんでいることが明かされる。

【消滅都市】1話:参考サイト

登場人物

デレク・ズーランダー – ベン・スティラー

マチルダ・ジェフリーズ – クリスティン・テイラー

ハンセル – オーウェン・ウィルソン

ジャコビ・ムガトゥ – ウィル・フェレル

カティンカ – ミラ・ジョヴォヴィッチ

モーリー・ボールスタイン社長 – ジェリー・スティラー

J・P・プルウィット – デイヴィッド・ドゥカヴニー

ラリー・ズーランダー – ジョン・ヴォイト

ルーク・ズーランダー – ヴィンス・ヴォーン

スクラッピー・ズーランダー – ジュダ・フリードランダー

トッド – ネイサン・リー・グレアム

オルガ – アンディ・ディック

ルーファス – アシオ・ハイスミス

ミーカス – アレクサンダー・スカースガード

ハッサン首相 – ウッドロー・W・アサイ(

モーリス – ジャバズ・リチャードソン

DJ – ジャスティン・セロー

反対運動家

女性リポーター

 

作品情報

タイトル:ズーランダー

原題:ZOOLANDER

製作年度:2001年

上映時間:89分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、サスペンス

監督:ベン・スティラー

製作総指揮:ジョエル・ガレン、アダム・シュローダー、ローレン・ザラズニック

脚本:ドレイク・セイザー、ベン・スティラー、ジョン・ハンバーグ

音楽:デヴィッド・アーノルド